前へ
次へ

エコキュートはオール電化住宅にあると便利な設備

お湯を沸かす設備といえばかつてはガスが担ってきました。
もちろん電気でもお湯は作れますがエネルギー公立を考えるとガスの方が良いと考えられていたからでしょう。
多くの過程のエネルギーとしては電気とガスが利用できるようになっていて、電気で家電製品を使いガスでお湯を沸かすのが一般的でした。
その中でガスを使わないタイプの住宅としてオール電化住宅が注目を浴びるようになります。
かつてお湯はガスで作っていましたが、お湯も電気で作ればガスの設備が必要なくなります。
加熱調理器具においてもIHクッキングヒーターがガスコンロ並みの性能を持つようになり、電気でも十分ガスの役割ができるようになりました。
オール電化においてお湯を作る作業においては別途エコキュート呼ばれる設備を導入を勧められる時があります。
これは空気中にある空気を電気で取り込んで圧縮などをすることでお湯を作る技術で、単純に電気で熱を発生させてお湯を作るよりも効率的にお湯が作れます。
オール電化住宅にするならエコキュートは必須になるかも知れません。

Page Top