前へ
次へ

不動産会社との契約というのはなかなか

不動産会社に正式に売買のお願いをするときの契約と言うの媒介契約といいます。
媒介契約は、仲介してもらうサービスの内容を明確にしたらいくらの手数料を支払うことになるのかということが明確に書かれた大事な契約ということになります。
媒介契約の意義としては、仲介業務における様々なトラブルを未然に防ぐために必要なことになるわけです。
ちなみに不動産の売買というのは不動産会社側にかなりの説明責任というのが存在しています。
ですから、基本的には相手に任せてしまうということもできるわけですがその本当に信用できる不動産会社であるのかということから確認しなければならないということもあります。
不動産の契約というのは基本的に不動産会社であれば専門知識を持っているのはそちらということになりますので様々なことを聞くことができるようになっていますし、しなければならない説明というのもたくさん相手側に課せられています。
ですからある意味では多少、安心できます。

Page Top